Webライティングを極める!滞在時間を長くする書き方とは?

Webライティングを極める!滞在時間を長くする書き方とは?

Webサイトにおける文章の書き方が悪いと、読者にストレスを与えるリスクがあり、記事を読み終わる前に離脱されてしまいかねません。

今回は、離脱に関する滞在時間という指標をはじめ、離脱の原因となる文章の特徴、滞在時間を伸ばすWebライティングのポイントを解説していきます。

自分の書いた文章を読者にしっかり読んでもらいたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Webライティングの前に知っておきたい滞在時間とは?

Webライティングの前に知っておきたい滞在時間とは?

Webライティングに関して知っておきたい離脱に関する指標として、滞在時間が挙げられます。

滞在時間はユーザーの満足度をあらわす指標です。時間が目安より短いとGoogleからの評価も落ちるリスクがあります。

したがって、SEOの観点からも見過ごせない指標といえるでしょう。

滞在時間を伸ばすコツはさまざまあります。

滞在時間を延ばすには
  • 読みやすい文章にする
  • 読者を惹きつけるリード文にする
  • 見出しを工夫したり箇条書きを使う
  • 記事後半に気になる情報を記載する
  • 文章の理論構成をわかりやすくする

これらを実行することで、滞在時間を延ばせてSEOに有利になりますよ。

効果的なリード文の書き方や見出しの作り方を知りたい方は、以下のページが参考になります。

記事構成の基本!リード文ですべてが決まる!って本当ですか?

≫記事構成の基本!読まれる・伝わる見出しの極意

離脱の原因となる文章の特徴

離脱の原因となる文章の特徴

読者が記事を最後まで読んでもらえるようにするには、読者が離脱してしまう理由や原因から知っておく必要があります。

サイトから離脱されやすい記事の特徴を確認してみましょう。

離脱率が高い記事の特徴
  1. タイトルと内容が一致していない
  2. 無駄な表現や重複する内容が多い
  3. 読者が求める内容が精査されていない
  4. 文章構成が複雑
  5. 文章の意味が読み取りづらい

タイトルと内容が一致していない

読者はタイトルを確認して知りたい内容を求めてサイトに訪れます。

しかしタイトルと記事の内容がかけ離れてしまうと、必要な情報が得られないと離脱しやすくなります。

タイトルと記事の内容を一致させるように意識させることが大切です。

無駄な表現や重複する内容が多い

文章は文字が多ければよいというわけではありません。

無駄な表現が多いと、読者に言いたいことが伝わりづらくなり、結果としてストレスを与えてしまいます。

また、記事にボリュームを持たせるために、同じ内容を繰り返して書くのも逆効果です。

無駄な表現や重複する内容は思い切って削るようにしましょう。

読者が求める内容が精査されていない

文章を書くときに伝えたい情報が整理されていないと、「結局、何が言いたいの?」と読者に思われてしまいます。

ボリュームを増やしたいあまり、読者が求める内容とは異なる部分を多く書かないようにしましょう。

なぜなら、求める以外の内容が多いと、自分には関係のない記事だと思われてしまうからです。

本当に伝えたい情報を精査して、読者が求める情報とは関連が薄い内容は触れないように心がけましょう。

文章の構成が複雑

インターネットでKWを検索する人は自分の悩みをすぐに解決できる情報を求めています。

しかし、検索した記事の構成が複雑だと、求めている情報を探すのにストレスを感じてしまいます。

必要な情報が探しても見つからなければサイトから離脱して、ほかのコンテンツに移動されてしまうでしょう。

見出しの階層を増やしすぎると、文章の構成が複雑になる傾向があります。

わかりやすい構成を作成する自信がないのであれば、なるべく見出しの階層を増やしすぎないように意識してみてください。

文章の意味が読み取りづらい

記事の内容がオリジナリティーにあふれていても、文章の意味が読み取りづらいと読者はストレスを感じてしまいます。

たとえば、1文が長い文章がよい例でしょう。主語と述語が離れてしまって意味がわかりづらくなります。

1文を読んで意味がわかりづらいと少しでも感じるのであれば、分割するように工夫することが大切です。

また、主語と目的語が省略されている文や、「それ」「この」などの指示語を乱用している文も望ましくありません。

できるだけ主語や目的語を明確にし、指示語を使わずに文章を執筆しましょう。

滞在時間を伸ばすWebライティングのポイント

滞在時間を伸ばすWebライティングのポイント

滞在時間を伸ばすWebライティングに必要なポイントについて解説していきます。

ライティングのポイント
  1. 冗長な表現を避ける
  2. 読者のニーズをおさえた構成を作成する
  3. 見出しを適切に設定する
  4. 誤字・脱字を減らす
  5. 自信のない表現をなるべく使わない

冗長な表現を避ける

読者がストレスなく文章を読み進められるようにするためには、冗長な表現を避けることが重要です。

たとえば、「~することができます」という表現を使ってしまう方がいます。

冗長な表現の典型的な例です。例えば、

  • 「無駄のない文章を書くことができます」
  • 「無駄のない文章を書けます」

という2つの表現で、すっきり読めるのは後者だと思います。

文章を書き終わったときは全体を見直しして、冗長な表現があったら他の表現に変えましょう。

読者のニーズをおさえた構成を作成する

読者のニーズに適した記事であれば、しっかりと読んでもらえる可能性が高まります。

Googleのサジェストワードと関連キーワードをもとに記事の構成を考えるのがおすすめです。

サジェストキーワード

サジェストワードはGoogleの検索窓にキーワードを打ち込んだときに、自動で提案されるワードです。

キーワードを検索したユーザーが知りたい可能性があるワードなので、構成に組み込むだけでも需要を満たしやすくなります。

関連キーワード

関連キーワードは、Googleのキーワードで検索してサイトが一覧表示されたあと、ページの最下部に表示されます。

サジェストワードと同様にユーザーの興味に触れる可能性が高いワードとして知られています。

いずれもSEO対策として有利になる要素なので、構成の作成に迷ったときは参考にするとよいでしょう。

見出しを適切に設定する

少しでも読者の負担を減らすには見出しをうまく設定することが大切です。

見出しで区切っていくことで、必要とする情報の位置が把握しやすくなり、安心して文章を読み進められます。

ただ、見出しを設定しているのに本文のボリュームが少ないと、伝えたい内容が少ないように見えてしまいます。

自然な見出しのボリュームを意識してWebライティングを行いましょう。

誤字・脱字を減らす

新聞や雑誌などと異なり、インターネットの記事は誰でも発信できるようになっており、信ぴょう性が低い記事も多く見受けられます。

少しでも記事の信ぴょう性を高められるようにライティングを行う必要があります。

信ぴょう性に関わる

信ぴょう性を高めるために、最低限意識してほしいのが誤字・脱字を減らすことです。

記事全体で誤字・脱字が多いと、正しい内容が記載されていても、読者に不安を与えてしまいかねません。

記事への信頼感の低下を招く

誤字・脱字があっても些細なことだと思うかもしれませんが、読み進めているうちに何度も登場すると記事全体に対する信頼感が薄れていきます。

記事の執筆を行ったあとは、全体を必ず読み直して誤字・脱字の有無を見落としなく確認しましょう。

ワードの校正機能も活用

ただ、誤字・脱字を減らす努力をしても、人間である以上見落としを100%防げるとは限りません。

したがって、校正ツールの活用も検討する必要があります。

校正ツールを導入するのにコストが発生すると負担になってしまいがちです。

コストをかけずに校正ツールを利用したいのであればワードソフトの校正機能がおすすめです。

入力ミスの可能性がある表現だけでなく、文章の品質を下げる表現などもリストアップしてくれます。

文章を書くのが苦手な方には便利なツール文章作成アドバイスツール文賢があります。ぜひ導入を検討してみましょう。

自信のない表現をなるべく使わない

Webライティングをしていく中で、自分の専門外の内容を執筆するときがあります。

そのとき、執筆する文について自信のない表現を使ってしまうと、読者が不安になってしまいがちです。

たとえば、「~かもしれない」という表現が目立ってしまうと、読者が記事の内容を実践してよいのか、躊躇してしまいます。

結果として実用性がない記事だと判断されると、最後まで記事を読んでもらえなくなる可能性があります。

自信のない表現を少しでも減らしたり、自信のない部分については執筆しないと割り切ったりしましょう。

一般的な「です・ます」のトーンで執筆するように心がけましょう。

PageSpeed Insights とは? スコアの改善方法もあわせて紹介

まとめ

以上、滞在時間の意味をおさらいしつつ、読者が離脱する原因となる文章の特徴、滞在時間を伸ばすWebライティングの方法を解説しました。

すでにWebライティングをしている方の中には、心当たりのある原因が少しは思い浮かんだのではないでしょうか。

滞在時間を伸ばすWebライティングのポイントもさまざま紹介しましたが、ほかにもまだまだ効果的な手法があります。

これまで上位表示が成功した記事や、上位表示に失敗した記事を比較して、読者が離脱している原因を分析していくなかで、効果的な手法が思い浮かぶケースもあります。

これまで執筆した記事についても一度見返してみるとよいでしょう。

ブログ部

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次