漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス|黄金比を知ろう!

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス

記事の精読率を上げたいのは、ブローガーにとっての永遠のテーマと言えます。

なぜなら、記事をじっくりと読んでもらうことはアクセスアップの秘訣だからです。

読者のお悩み
  • アナリティクスを観察すると、記事がぜんぜん読まれてないんですが
  • 直帰率が高く滞在時間も1分に満たないし・・・これから先が思いやられる
  • とにもかくにも、せっかく書いた記事を読んでもらいたい

このようなお悩みを抱えた方も多いことでしょう。

アクセスがほとんどなく、やっとあなたのブログにたどり着いた人にさえ記事を読んでもらえないことも・・

この記事を読んで頂くことで、

  • 最適な漢字・ひらがな・カタカナの割合がわかる
  • 読みやすい文章を書くことができる
  • とりあえず、記事の内容まで読んでもらえる
  • 直帰率が下がりブログのアクセスアップにつながる

このようなメリットがあります。簡単な方法で文章を読みやすくできる秘訣を紹介します。

結論は、漢字3:ひらがな7:カタカナ1となります。

以下の内容で詳しく解説します。

記事のポイント
  • ユーザーは疲れを感じると、すぐに離脱してしまう
  • 漢字・ひらがな・カタカナの最適な割合とは
  • 例文を用いて見くらべてみる
  • 読みやすい文章のコツ
  • オススメの校正ツールの紹介
目次

ユーザーは疲れを感じるとすぐに離脱してしまう

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス

例えば、本を読んでいるときに、読めない漢字があるとイラッっとするときありますね。

これがブログだと、ストレスや疲れを感じるとすぐに離脱に繋がってしまいます。

本とは違ってブログは『たまたま検索していたらあなたのページを見つけた』だけなのです。

直帰率や滞在時間にも悪影響をおよぼしブログのアクセスアップにも悪影響があります。

読みやすい文章、ストレスフリーで読める文章はブログの生命線なのです!

漢字・ひらがな・カタカナの黄金比とは

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス 黄金比

漢字・ひらがな・カタカナのバランスがとれた文章は、読みやすく理解しやすいというメリットがあります。

また、視認性が良く文章を読んでいて感じるストレスを少なくできると言われています。

読みやすい文章に最適なのは、漢字:ひらがな:カタカナ 2:7:1 の割合=黄金比となります。

  • 漢字:20~30%
  • ひらがな:70%前後
  • カタカナ:0~10% 

この黄金比で文章を書くと、ユーザーが快適に読むことができます

ブログの記事の精読率も上がりアクセスアップや収益アップにつながることが期待できます。

調べてみると、新聞や雑誌などのメディアではこの黄金比で書かれているのが多いことが分かります。

漢字をあえてひらがなで書く場合には、「漢字をひらく」という業界の用語もあるくらいです。

例文を見くらべてみる

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス 例文

例文を使って見くらべてみましょう

漢字が多い文章

まず、感じが多い例文を見てみましょう。

漢字が多い例文

「何時も当店を御利用を頂きまして誠に有り難う御座います。

御客様に美味しい料理をご提供する為にスタッフ皆で取り組んで居ます。

お勧めは叉焼味噌拉麺で御座います。ご注文を心からお待ち致して居ります。」

極端な例ですが、かなり読みにくいのが分かります。

  • 漢字:45%
  • ひらがな:50%
  • カタカナ:5%

理想に近い文章

次に、漢字・ひらがな・カタカナが最適な割合(黄金比)で書かれた例文を見てみましょう。

黄金比で書かれた例文

いつも当店をご利用を頂きまして誠にありがとうございます。

お客様に美味しい料理を提供するためにスタッフ皆で取り組んでいます。

おすすめはチャーシュー味噌ラーメンでございます。ご注文を心からお待ち致しております。

  • 漢字:27%
  • ひらがな:69%
  • カタカナ14%

いかがでしょうか?バランスがとれた文章は、とても読みやすく内容が伝わりやすいのがお分かり頂けたと思います。

漢字・ひらがな・カタカナの割合を意識して文章を書くようにしましょう。

読みやすい文章を書くコツは?

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス 書き方のコツ

読みやすい文章にするためには、いくつかのコツがあります。

漢字・ひらがな・カタカナのことを中心に紹介します。

名詞と動詞以外はひらがなに

そこで実践したいのが名詞と動詞は漢字で他を適時ひらがなにするという方法です!

例えば、田中 次郎 さん、東京都などのように名詞は漢字にするのが良いでしょう。

また、動く・走る・見るなどは漢字でもそれほど気になりませんね。

その他をひらがなにすると、ぐっと漢字の割合が減りますのでおすすめです。

この方法を使えば簡単にバランスの良い文章に近づけることが可能になります。

漢字を連続させない

連続する漢字は3文字までを基本として、四字熟語の場合などに限り4文字を使うようにしましょう。

漢字が連続してしまうと一気に読みにくく、ストレスフルな文章になってしまいます。

例えば、「連続勤務により疲労蓄積し体調不良になった。」

非常に読みにくいですね。

これを、「連続した勤務により疲労がたまってしまい体調が悪くなった」としてみると、読みやすくなると思います。

このように漢字は連続しないように、間にひらがななどを入れるのがおすすめです。

文章アドバイスツールを活用する

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス 文賢

自分が書いた記事をチェックするのも大事ですが、どうしても自分では気がつかない問題点があるものです。

そこで、文章の誤字脱字や表記の揺れなどの問題点を教えてくれる文章アッドバイスツール『文賢』がおすすめです。

文章のクセなども指摘してくれる便利な文章校正機能もついています。

文賢については、【記事】「文賢」の機能と活用法を紹介!┃読まれる記事 VS ためになる記事 読まれるのはどっち?が参考になります。

まとめ

絶対読まれる!漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランス まとめ

まとめ

この記事のまとめ
  • 漢字・ひらがな・カタカナの割合を2:7:1にするのが最適
  • 適度に漢字をひらがなにする
  • 文章アドバイスツール文賢を導入して文章校正をする

ぜひ、読みやすい文章を心がけアクセスアップにつなげていきましょう。

ブログ部

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次