記事が抜群に読まれる!リード文の書き方を公開!

記事が抜群に読まれる!リード文の書き方を公開!

記事のリード文がうまく書けると本文を読んでもらえるって聞いたんですが・・・書き方がわかりません

このようにリード文が重要と理解していても、その書き方が分からないって方は多いです。

リード文には、ユーザーに記事内容と結論を伝える重要な役割があります。

さらにリード文の良し悪しで記事の精読率やブログ滞在時間に影響するのも事実です。

この記事ではリード文を作成する5つのコツについての解説します。

この記事で解決できるお悩み
  1. 一般的に冒頭文が必要だから書いているけど大丈夫かな
  2. 精読率を上げるためのリード文の書き方を知りたい
  3. リード文の魅力的な書き方がわからない

そんな方は、リード文を作成する5つのコツがおすすめです。

また、独自価値を与える方法も紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

魅力的なリード文の書き方をマスターして、アクセスアップを目指しましょう!

目次

そもそもリード文とは?

リード文とは、記事の冒頭文のことでユーザーが最初に訪れた際に読む文章のこと!

どんな記事内容が書かれていて、どんな結果が得られるのかを簡潔に伝える大切な役割を担っています。

逆にリード文が不十分であれば、せっかく執筆した記事が認知されずブラウザバックもありえます。

そのため、リード文は記事の結論を伝える最も重要であることを理解しておきましょう。

また、読者はリード文だけで、本文を読むかどうかまで決めています

しっかりとしたリード文を書くことで離脱を防ぐことができ、結果的に良いSEO効果を得られます。

リード文が重要な理由とは?

リード文には、文の要約から記事の結論を簡潔に伝えることにより、ユーザーに興味や安心感を与える効果があるからです。

ユーザーはサイトを訪れて、なんらかの悩みを解決したくて情報を探しています。

そのため、記事を読むことで悩みを解決できることがわかれば興味・安心感を持ってもらえるのです。

結論を伝えるという役割はとても重要です。

訪問者が内容をすぐに理解できる|読む労力を軽減できる

訪問者の理解度が高くなるというメリットが、リード文にあります。

なぜなら、記事の要約文になるため、本文を読む際に概念化できるからです。

流し読みをしやすくなり読むストレスを軽減できるのです。

記事全体をサラッと読んでも、理解できることでユーザーの満足度も上がります。

興味・関心を引いて画面をスクロールさせる|直帰率や滞在時間を伸ばす

リード文を明確に伝えれば、ユーザーの直帰率や滞在時間を改善できます。

なぜなら、リード文の段階で強い興味を持ってもらうことで、本文は読まれるからです。

画面のスクロールに成功すれば、サイトの滞在時間やすぐにブラウザを閉じられる確率が下がるのです。

検索エンジンからの集客の際にSEOに影響する

リード文の完成度は、SEOにも大きく影響します。

SEO面で評価される要素にページの滞在時間が関係しているからです。

リード文や記事のクオリティが低いと滞在時間が短くなり、ユーザーがサイトから離脱してしまいます。

その結果、検索エンジンからの評価が落ちてしまうため注意しましょう。

SEOの観点からも、リード文をしっかり書くことが大事なんですね。

リード文が上達するメリット

リード文が上達することにより、始めて訪れたユーザーに数秒の時間で価値ある情報であることを認識してもらえます。

少ない文字数で、結論を明確に伝えて、問題解決ができることを提示する要約力が身に付きます。

ただ最初は上達するまでに練習が必要なので、Twitterで情報発信することから始めていきましょう。

少ない文字数と情報量で要約力を身に付けて、フォロワーを増やせればライティングにも応用ができます。

Twetter投稿が、リード文と思って書くと上手くなるのが早いですよ。試してみましょう!

リード文を魅力的にするコツ┃5つのポイント

つぎは、魅力的なリード文にする5つのポイントを学んでいきましょう。

魅力的なリード文にする5つのポイント
  1. ユーザーがどんなことに悩んでいるのかを明確にする
  2. 共感のスイッチを押す:これは私のことだ!と思わせる
  3. 記事を読んだ先にどうなれるか?:理想の自分になれると伝える
  4. 記事全体の要約にする:記事の主張・理由・結論を簡潔に伝える
  5. この記事の独自価値を与える:オリジナルコンテンツを盛り込む

この5つのポイントを実践することで、ユーザーが興味を持つ冒頭文が書けるようになります。

リード文を書くのにもコツがあるので、コツを覚えて魅力的なリード文を書けるようしましょう。

ユーザーがどんなことに悩んでいるのかを明確にする

リード文を書く前に、どんな人にこの記事を読んでもらいたいか明確にしましょう。

たとえば、ダイエットに関するテーマにするなら

  • 40代はなぜ痩せにくいのか?
  • どの痩せる方法が効果的か?
  • 何ヶ月以内に何キロを達成したいか?
  • 何度挑戦しても、継続できない
  • 海のシーズンが近いので焦っている
  • 結婚式にドレスを着こなすために、痩せたい

など、ダイエットといってもさまざまな悩みが存在しています。

想定読者が曖昧になると、結論や伝える内容がブレてしまい誰へのダイエット記事かわからなくなっていきます。

そのため、魅力的なリード文を書くコツとしてユーザーの悩みを明確にすることから始めていきましょう。

共感のスイッチを押す┃これは私のことだ!と思わせる

2つ目は、ユーザーの共感のスイッチを押すことです。

最初のステップで悩みにフォーカスし、「どのようなことで不安になりましたか?こんな経験ありませんか?

とユーザーに呼びかけて「これは、私のことだ!」と思わせることがポイントです。

悪いリード文の例

「最近、痩せたいと思っていませんか?」

このようなありきたりな文章はNGで、読者を引き込む力が弱くなってしまいます。

引き込む力が弱いと読者はすぐに離脱してしまいます。


次のような、共感を得るための刺さる言葉を見つけると魅力的な文章になります。

魅力的なリード文の例

「運動をしても、体重計の数字が減らなくて落ち込んでいませんか?」

「食べるつもりはなくても、間食してしまうことありませんか?」

「毎日サーチコンソールとアナリティクスと睨めっこしていませんか?」

など読者の立場に立ち、想像しながら共感を得るポイントを探していきましょう。

どうしても、自分で思いつかないという場合はSNSやYahoo!知恵袋などで悩んでいる人をリサーチすると刺さる言葉が見つかりやすいですよ。

記事を読んだ先にどうなれるか?┃理想の自分になれると伝える

3つ目のコツは、この記事で理想の自分になれると結論を伝えることです。

リード文を通してこれは、私のことだ!」と感じてもらうことに成功したあとは、記事を読むことによって、あなたは理想の自分になれると伝える。

つまり、結論を明確に示していくのです。

ここで読むメリットが提示されて、ユーザーが読み進めることを後押しします。

それに、ネットを駆使し情報を調べる方は、早く結論だけ知りたいという方が多いです。

そのため、まず結論を伝えていないとその後の文章が読まれない可能性もあります。

リード文の例

「30代では、もう痩せられないの?」

と、不安になることがあると思います。


この当記事で、食欲を満たしながら1ヵ月で5キロ痩せられる方法を解説します。

このように、リード文を作ることで、結論を明確にするようにしていきましょう。

記事全体の要約にする

リード文作成のポイントとして、記事全体の要約文であることを意識することです。

そのため、本文を書いてからリード文を作成することが正しい順序になります。

文章をうまく要約し、簡潔に伝わりやすい文章を心掛けていきましょう。

この記事の独自価値を与える┃オリジナルコンテンツを盛り込む

リード文が納得のいく内容に仕上がったのなら、独自価値を付加した内容も盛り込んでいることを伝えると良いでしょう。

理由としては記事を通した解決策と、お得感のあるオリジナルコンテンツがあれば、メリットが多くなるためユーザーの意欲が高まるからです。

そのため、結論を伝えたあとにオリジナルコンテンツを盛り込んでいることも伝えておきましょう。

リード文の書き方【わかりやすい動画で解説】

WEB職TVのなかじさんによるリード文の書き方についての解説動画です。

とてもわかりやすい動画になっていますので、参考にして下さい。

リード文を作成するコツは?

今回は、リード文を作成する5つのコツについてご紹介しました。

リード文を作成する5つのコツについての要点を以下にまとめます。

記事のポイント
  • リード文は、記事の全体を要約する役割がある
  • なんとなく構成上であるわけでなく、結論を伝えるために必要
  • 魅力的なリード文は、簡潔に記事について理解ができる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ部

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次